スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新小説


30。



 剛・哲郎・ツボミの3人が積極的に攻めていきますが、その甲斐むなしく点数には結びつきません。それどころか、何度かこちらのゴールも危ない場面がありました。
 強豪校というのは初耳でしたが、確かにかなりの実力校であることが伺えます。
 しかし僕が気にすべきことは一つだけ。
「(ツボミの合図・・・!)」
 今のところ、ツボミは真剣にサッカーに取り組んでいるようです。彼なら敵チームを一瞬で壊滅させられそうなのですが、一応形だけはサッカーをする気のようです。そして、僕にチャンスをくれるようです。
「・・・!!」
 ツボミが妙な動きをしました。両手を丸の形にして、ボールをキープしたままなぜか後ろに下がります。
「(合図だ!)」
 僕が動こうとしたのを察知して敵チームの3人が身構えましたが、そんなことに意味はありません。あまり人間離れした動きをしたら、これからの学校生活に支障を来たすと思ってセーブしていましたが、本気になればオリンピッククラスの動きだって可能なのです。
 僕は一度遠回りで3人を振り切り、そのまま敵チームのゴールまで突っ走ります!
「ツボミっ!!」
 ツボミが高めのボールを寄越します。通常モードの僕ではどうあがいても間に合いそうも無い球筋でしたが、今の僕はインテル入ってます!!
「うおおおお!!」
 ボールがスローに見えるくらいの極限の集中の中で、僕はキーパーの位置を確認して、僕のシュートが決まることを確信しました。迷わず足を後ろに振りかぶり・・・・・・
 と、そこで。
「(・・・な、に!?)」
 急に斜め前からスライディングしてくる影がありました。敵チームのディフェンスの一人が、捨て身で突っ込んできたのです。
 もちろん今の脚力ならそんなものは屁でもありませんが、それでは彼の足を、小枝のようにポッキリとやってしまうかもしれません。下手をすればゴールネットまで吹っ飛ぶとかもありえます。
「(これは・・・やば・・・)」
 すでに足を振ってしまっている以上、途中で止めるのにも無理があります。ただでさえ通常の筋力の5倍は使っているのです。その勢いを止めることは・・・・・・
「(いや、止めることができないのなら!)」
 走馬灯のようなスローな視界の中で、僕は筋肉を限界まで解放して、“振りぬこうとしている足を逸らす”ということに全力を尽くしたのです。
 その1秒にも満たない、刹那の攻防の末・・・
 それを客観的に・・・たとえば、観客席から見たとすると、こう見えたことでしょう。
 “スカった”・・・と。
「ぐへぇ!?」
 無理な角度で足を曲げたため、盛大にすっ転んでしまいました。
 軽く頭を打ったため朦朧となった意識の中、試合はそのまま0-0で幕を下ろしました。




スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。